Students feedback
Julien(Poland)
「文法が得意な私にぴったりのレッスン」
Kevin(Australia) 
「バランス学習で総合的に成果を上げる」
Prasanth(India)
「短期間で自信をつけ、すぐに実生活に使える日本語学習」
Lars(Sweden) 
「中上級レベルからビジネス対応できる高度な日本語へ」
Laura(Germany)
「ビジネス日本語の短期習得と文化理解」
Maria(Spain)
「テスト合格目的から会話重視への転換」
Chen xi(China)
「語彙強化によって理解能力を飛躍的にアップ」
Charlotte(England)
「独学初心者から個人レッスンへの転換でスキルアップ」
Julien (Poland)
「文法が得意な私にぴったりのレッスン」
 
私は日本社会において不可欠なメンバーになるための第一歩だと考えて、日本語をしています。それとは別に、日本のローカルな場所や田舎等も行ってみたいと考えていますので、現在のフォーカスしているのは、特に会話スキルを磨くことです。
私はラッキーだったと思います。というのもサチさんは言語習得において私の個人的な好みをすぐに理解し、それに沿った素晴らしい仕事をしてくれたからです。初めからパーソナライズされた指導とアプローチ法を生かした授業を始めることができて運が良かったです。またサチさんは、私のことを「言語の背後にある原則(文法)を理解するのが好きな人」という判断をしてくれました。その判断から、授業において、通常、まずは新しい文法を学習します。そしてその文法を使って実際会話することによって日常の場面で使えるような練習をします。このアプローチは非常にうまく機能しています。
さらに、今学んでいることが私の期待に応えているかどうかを常に確認し、私と一緒に次の学習目標を決めていきます。彼女はいつも授業の準備に多大な努力をしています。私は授業の難易度もちょうどいいと感じています。日本語を理解することはできますが、まだチャレンジの途中です。最後に「授業はシンプルに楽しいですよ!」
Kevin (Australia) 
「バランス学習で総合的に成果を上げる」
 
これは私の2度目の日本滞在です。私は以前に家でも日本語学校でも勉強しましたが、話すことはできませんでした。私は再び語学学校に入学することも考えましたが、会話できるようになるための最善の方法は1つのレッスンで1つを得ることだと決めました。
私は日本語の先生を探し始めました。そしてサチさんのプロフィールがHello Talkで見つかったのはとてもラッキーなことです。
トライアルレッスンで、サチさんは自分の教え方について説明し、一緒に目標について話し合いました。私はすぐに、サチさんは経験豊富で、生徒が成功するのが楽しみにしている人だと感じたので、引き続きレッスンを受けることに決めました。
私たちのレッスンでは、新しい文法、会話練習、そして私のレベルに合った日本語を使った楽しい会話を交えてミックスで学んでいます。私は全体的に私のレッスンにとても満足しています。私はすぐに学んだことを使い始めるチャンスがあり、私の疑問に対する回答もいつもわかりやすいです。
私の主な目標は、日本で会う人との会話ができるレベルに到達することです。私は、サチさんが私にそのレベルに達するのを助けることができると確信しています。
Prasanth (India) 
「短期間で自信をつけ、すぐに実生活に使える日本語学習」
 
多国籍企業や多文化環境で働いていたので、コミュニケーションの手段が英語であり、仕事の環境に関する限り、日本語で話したり、日本語のスキルを向上させたりする必要はありません。日本に10年近く住んでいましたが、私の日本語のスキルは非常に恥ずかしいものでした。私は日本語を学ぼうとしていなかったわけではなく、J.W.Heisigの方法に従った約2000人のKanjiesの基礎的意味とストロークを基にして、グループ学習や自己学習などを試してみました。しかし、これらのどれも、私が自信を持って日本語でやり取りできるレベルまで成長することはできませんでした。たぶん、私は会話スキルを上達させるのに合っていない方法に従っていたからかもしれませんが、うまく焦点が合わず、相互的なやりとりが不十分でした。日本語の必要性が比較的低かったりしたせいもあると思います。また今の生活の中では、日本語で交流する必要性が低く、日本人の友人がさほど多くもなく、日本人との社会的交流も多くないということも原因としてありました。これを実現するためには、直接対話的なやりとりが非常に重要であると考え、私がインタラクティブなレッスンを与えることができる日本語教師を探し始めました。
私は友人や同僚に、教師を誰か紹介してもらえないかと頼みました。私は専門の日本語教育センターに相談しようとしましたが、自分のスキルレベルとリクエストに基づいてレッスンプランをカスタマイズする余地はあまりないことがすぐに分かりました。
数ヶ月前、私の元同僚の1人がサチさんの連絡先電話番号を共有してくれました。私たちの初めて会ったときに、とてもポジティブな感情を持ちました。彼女は私のリクエスト、スキルレベルを理解しようと非常に重視されており、レッスンプランを議論しカスタマイズすることができました。彼女はまた、学習ツールの面でも非常に柔軟でした。コンピュータアーキテクトである私のリクエストの1つは、デジタル媒体とツールを使用することでした。ハードコピーの使用を減らすことを推奨しました。 サチさんは、レッスンを支援するために使用するデジタルツールを探し出して把握し、すぐに対応してくれました。私は短時間で彼女が必要なすべてのツールとiPadを購入し、それらのツールを使用するようにと提案したことに驚きました。
私がサチさんで目にした驚くべき資質の1つは、生徒を正しい道に導く能力でした。私が始めたとき、私は早くジャンプして、目標を6ヶ月でN3にすることを望んでいました。 サチさんは、N3の準備に必要なスキルを備えていないということをすぐに認識したのだと思いますが、それを口で言うのではなく、彼女は面白くサンプルの質問をしてくれました。そして、私はその段階で私にとって目標が大きすぎるなと自分で気づきました。
サチさんの教授法の最も重要な部分は、彼女がとても落ち着いていて柔軟で、しかも厳格で集中的であることです。生徒には様々な会話をし、あなたの要件を話し合い、それに基づいて学習計画を調整する機会がたくさんあります。
私は、サチさんのレッスンに参加する前に、日本語会話のだいたいのところは理解できていたにもかかわらず、日本語で会話することはほとんどできませんでした。サチさんの助けを借りて、私はすぐに自信を得て、日本人と交流することができました。私はそれを実践し始めたほど、私の学習に急速な進歩をもたらしました。例を挙げれば、サチさんのレッスンに参加した後、私は日本語で不動産屋と難しい交渉をすることができました(私の言語スキルはあまり良くありませんが)。このような問題を扱うときには、特に日本語でのやりとりをしなければならないということはご想像できると思います。私はこれらの会話を自分でなんとかこなすことができて非常にうれしいです。今、私は実際に日本に家を建てるために建設会社との話し合いを進めています。私は急速な進歩を遂げたのではなく、早急に自信を深めることができたことをを強調したいと思っています。
全体的に私はサチさんに非常に満足しています。
Lars (Sweden)
「中上級レベルからビジネス対応できる高度な日本語へ」
 
私は仕事や日常生活から断片的な方法で日本語を学んだので、文法、会話、ライティング、そしてボキャブラリーをもっと深く理解したいと思っています。
私の主なモチベーションは、自分の言語スキル全体を向上させながら、自分の仕事の中でもっと自然にクライアントと交流できるようになることです。日本語学習は日常生活にとっても重要であり、日本の生活でトータルで見て意義ある経験することも必要だと考えています。
サチさんはどんなことを学びたいかを尋ね、それにはどんなことが重視されるのかを教えてくれました。何度も教科書で勉強して、レッスン中にそれについて彼女と話し合うのが役立ちました。時には、文法に深く入り込み、実際にどのように使用されるのかという例分を見てみることもあります。私は自分の作品(日本語の文章)の素材にも取り組んだので、非常に実用的なボキャブラリ-を作ってくれました。
サチさんは個々の生徒のニーズを把握しながら、先生として非常に気配りしてくれていると思います。サチさんは特に私のような中上級の生徒には合っているのではないかと感じています。彼女はどんな文脈でどんな使い方をするのか上手に説明できますし、日本語が英語にどのように翻訳されるのかを理解するのに役立ちます。最近、私たちは、レッスンの間に効果的な進歩を遂げることを可能にするアプリケーション(quizlet)や共有ドキュメント(ライティング)のようなツールについても検討しました。
私は仕事で自分自身を表現するときに自信が持てるようになり、自分の語彙をかなり豊かにしてくれたと感じています。もちろんまだ多くのことを学ぶ必要がありますが、より効果的な勉強方法を見つけるのにサチさんの意見がとても役立ちました。
将来的には、語彙を増やすために、もっと読む必要があると考えていますし、更にプレゼンテーションやブログ記事の執筆の機会を増やそうと考えています。
Laura (Germany) 
「ビジネス日本語の短期習得と文化理解」
 
私は日本人の夫と結婚し、彼の家族やママ友達と接することで、日常会話はかなり話せるようになっていました。でも仕事復帰することが決まったとき、「ビジネス日本語が上手く使えるだろうか」とか「失礼な日本語を使ってしまうのではないか」と、とても不安になりました。サチさんと初めて会ったときに、その不安について話すと、「大丈夫、仕事復帰までに計画を立てて、しっかりビジネスに必要な表現を練習しよう」と言ってくださったので、ものすごく心強く感じました。サチさんが私にぴったり合う教科書を探してきてくれて、ビジネスによくある場面をロールプレイして練習しました。日本人の使う単語や表現の詳細なニュアンスを説明していただき大変助かりました。
初めて登社するときのスピーチも原稿を送って、知的に聞こえながらも、相手にダイレクトに伝わるように直して、一緒に練習しました。当日は自信を持って話すことができたのでほっとしました。
サチさんとは、日本人の思考方法や振舞いについても、よく話し合います。特にママ友
社会においての自分の振舞いについては悩みどころです。自分の意見をはっきり通す文化がないので、時には自分を押し殺して、日本人のように同調している自分が自分でないような気がしました。そのいった体験についても、笑って話を聞いてくださって、押しつけがましくないアドバイスしてくれることが、日本語を学ぶ以上にデトックスされたように思います。
Maria (Spain) 
「テスト合格目的から会話重視への転換」
 
私は2年前に日本に来ました。そのときに日本の大学の授業で基本的な文法や単語を覚えて、簡単なことなら日本語で伝えられるようになったのですが、日本人のスピーディーでナチュラルな会話にはついていけませんでした。ただ黙って聞いている自分が恥ずかしく、落ち込むこともありました。そんなとき出会ったのがサチさんです。私は自分の語学力アップのために「まずはJLPTに合格して自信をつけよう」と考えて、サチさんにお願いして一緒に文法の復習を始めました。
けれどやっぱり日本人のナチュラルな会話についていけなかったので、サチさんと一緒に作戦を立て直しました。サチさんは「マリアさんはすごく耳がいいよね」と言ってくれました。そう言われてみれば、日本人の話していることは大体わかるのに自分の言葉で会話の中に上手く入って行けなかったことに気づきました。サチさんは「習った文法をどんどん使ってアウトプット、つまりスピーキングにシフトしたレッスンに変えました。
習った文法をいかに現場で使うかがテストよりもっと大切なことだと私も気づきました。
それからは本当にたくさん一緒に話しました。週末の出来事から日常生活の話、文化の違いや色々な国の男性について意見を交わしたり(笑)、サチさんに何でも話しましたし、サチさんから意見を求められたときには、知っている単語を駆使して、図を描いたり、時には英単語も交えて説明しました。なんとか通じるものだなーと思いました。自分から日本人に日本語で伝えることに恥ずかしさが消え、少しずつ自信が出てきました。
あのとき、JLPTだけを目標にしないで良かったと思っています。私は語学の習得は
「コミュニケーションすること」だと改めてわかりました。全てを机上の勉強にかけず、これからも生きたコミュニケーションをとりながら語学スキルを磨いていきたいです。
Chen xi (China) 
「語彙強化によって理解能力を飛躍的にアップ」
 
私は高校生の時日本に来ました。だから日本人が話していることはほとんどわかるし、発音もナチュラルだとよく言われます。仕事も日本語でしており、接客業ということもあって敬語もある程度なら話せます。でも私には少しコンプレックスがありました。日本のニュース、とりわけ経済や政治、ビジネスの話になると、漢字はわかっても読めない単語や表現がたくさんあって、とたんによくわからなくなるのです。
サチさんと会って、まずトライアルレッスンでレベルチェックをしました。サチさんは発音がいいことや話すのに問題ないことをまずとてもほめてくださいました。そして、「上級へのとびら」という教科書で勉強を始めました。特に苦手な分野に絞って、語彙力強化に取り組みました。知らない単語をスマートフォンのアプリに入力し、通勤の時を利用して覚えていきました。また覚えた単語や表現を使って自分自身の意見を言う練習もしました。このような練習を続けることで、「知らない単語」が「聞いてわかる単語」へ、そして「自分で使える単語」へ進化していくのを感じました。サチさんのレッスンは、「覚える」ことに重点を置かず、「使えるようになること」を目標にしています。これからもっとニュースやネットの記事がわかるようになるため、楽しく勉強を続けていきます。
Charlotte (England) 
「独学初心者から個人レッスンへの転換でスキルアップ」
 
日本に来て、もうすぐ2年になります。初めて日本に来た時、どこに行っても英語を使っていましたが、ローカルな日本人と会話ができたら楽しいだろうなと思って自分で勉強を始めました。インターネットやYouTubeの日本語学習サイトで独学をして、ひらがなやカタカナを覚えたり簡単な挨拶も覚えましたが、だんだん物足りなくなって「ちゃんと日本語の先生に習いたい」と考えるようになりました。簡単な文型は大丈夫でしたが、動詞の活用のあたりから少しずつ難しいと感じるようになりました。
サチさんとは習った文型や表現を使って自分自身の事について話せるような練習をしています。また場面を想定してたくさんロールプレイもします。まだペラペラと話すことは難しいですが、随分リスニングの力がついたので日本人が話していることがかなりわかるようになりました。サチさんからは「十分インプットしてリスニングができるようになると、自然に話せるようになるよ」と言われているので、ペラペラに話せる日を夢見てがんばります。
- Get In Touch - 

Contact Me

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon